調整の考え方、観察

 さて、当院の均整法では、どのような調整(均整では治療のことを調整、といいます。)を行うのでしょうか?
 先ず、どのような症状の方にたいしても調整を始める前に「観察」、調整終了時に「確認」を行います。観察の内容は@動き A形 B違和感です。
 また当院では症状だけを追わず、全体調整を行います。調整の考えには常に、部分は全体に波及し、全体は部分に波及するという大前提があります。


@ 動きについて

 観察ポイント一つ目、動きについて。均整法では部分は全体に波及し、
全体は部分に波及する
と考えます。
 これはどういう事かと言いますと、例えば、五十肩の人で、腕を後ろにまわして帯を結ぶ、エプロンのひもを結ぶ事が出来ない方がいます。いわゆる結帯動作(けったいどうさ)が困難な方です。一見単純に思えるこの動作は実は身体全体で行われています。肩の痛くない人はわかり難いので、人為的に五十肩の状態をつくってみます。右腕が後ろにまわせない事を想定して左手で右手首を握っておさえつけてみます。立位で右手を後ろにまわそうとすると、
 ●胴体部は捻る動作と、右に側屈する動作がはいります。
 ●重心は左足は小指側に乗り、右足は母指側に乗ります。
 ●腰は反り気味に。
 ●頭は前に倒して、少し左に傾けます。
 このようにひとつの動作には必ず連動性があって、身体全体を使っていることがおわかりいただけることでしょう。これが、部分は全体に波及し、全体は部分に波及する、ということです。
 膝の痛い人 ⇒足首も硬い⇒股関節も痛い⇒骨盤も捻じれて⇒背骨も歪む⇒腰も痛いとなります。まさに、「部分は全体―」と言えますね。
 私がよく観察するのが、つらいと訴えている局所の動きと、体幹の動きです。体幹の前後、左右、回旋動作の動き。
 体幹の運動制限が解除されれば⇒背骨の動きもよくなり⇒背骨の両脇から身体の各器官に向かう神経の疎通もよくなり⇒末梢各器官の働きも高まり⇒筋肉の収縮力がでて⇒内臓器官の調整にもなります。


A 形について

ふたつめは、形(姿形)です。観察しやすいところでは、
●肩の上がり下がり
●骨盤の捻じれ(巻き込み)
●みぞおち(肋骨弓)の開き具合
●足の長短
などです。これらの歪みは諸器官の圧迫、重心の偏りを示しますから、局所の筋肉を硬化させたり、骨の位置を変えたりします。これらの重心の位置を変化、あるいは平均化させておくことが身体の緊張を解くことになります。

(1)肩の上がり下がり
 例えば左肩下がりの人は消化器が非常に活発に働いていて、いくらでも食べられる過食傾向があります。これは右側にある臓器の肝臓が腫脹するためです。過食、アルコール、食品添加物の摂取により分解、解毒、貯蔵がおこなわれ、肝臓は自身の活動のために、たくさん血液を集めます。そうすると人体最大の臓器で、1000〜1200グラムもあるといわれる肝臓は膨れ上がり、右肩を上げさせてしまいます。右肩が上がると、背骨と左肩甲骨に挟まれたところが刺激されます。ここは背骨(胸椎5、6、7番)から胃液腺の分泌を支配する神経がでていますから、左肩下がりの人はこの神経が常に刺激される状態ですからすぐにお腹がすき、過食になってしまうのです。そして質より量を好みます。
 逆に右肩下がりの人は、胃液があまり分泌されないので量より質を好みます。
 どちらかの肩が下がれば重心の位置も下がっている側にシフトします。「部分は全体に―」ということを考えれば、重心の位置の偏りは腰痛、股関節痛、膝痛だけではなく、内臓の圧迫にもつながり、様々な不調の原因になります。
 

(2)骨盤の歪み(あるいは運動制限)
 「骨盤矯正」。整体の広告やテレビの健康番組でよく耳にされていることでしょう。整体の先生の中にはこれだけで施術されている方も多いようです。
 骨盤は可動性があって、開いた状態よりは、程よく締まっている状態がいいと言われています。また骨盤は呼吸などに合わせて、閉じたり開いたりしています。 
 骨盤の歪みは生理不順や月経痛など様々な婦人科疾患の原因になるといわれています。骨盤の歪みをとり、あるいは運動制限を解除してあげると、中におさまっている臓器(子宮、卵巣、膀胱、前立腺、大腸の下部など)jの状態よくなるようです。
 正直詳しい理屈はわかりませんが、骨盤という「容れ物」の状態をよくしておくと、中身の状態もよくなるといえます。 
 また 骨盤の歪みは上半身の捻じれも生み出しますから、そこにおさまる心臓や腎臓などの機能が低下し、むくみなどの原因にもなります。
  

(3)みぞおちの開き
 みぞおちの角度ですは、平均で72°といわれています。この部分の狭い人は、骨盤は開き気味で交感神経の緊張し過ぎの人が多いようです。肋骨と骨盤はシーソーのような関係で、
肋骨が開く⇒骨盤が閉じる
肋骨が閉じる⇒骨盤が開く
 みぞおちの角度が狭い、交感神経緊張型の症状としては、
●無力性便秘
●消化機能の低下
●子宮・卵巣機能の異常亢進(子宮筋腫、子宮内膜炎など)
●バセドー氏病
●高血圧
などがあります。
 骨盤を程よく締めてあげて、肋骨を拡げてあげると上記のような症状の改善が期待でき、また呼吸も楽にな
り肩こりも軽減できるのです。

(4)足の長短
 足の長短は身体を支える土台にかかる圧力の偏りを示しますから、 膝、股関節、骨盤、果ては頭骨の形にも影響します。
 私は、特に足の長さを揃える調整はしませんが、全体の調整を終えると自然に足の長さは揃うようです。




B 違和感について

違和感に関しては、身体に運動制限、歪みがあると色々なところにひずみの様なものが現れます。ふくらはぎ、二の腕、太ももの内側などの感覚を確かめておきます。痛み、不快感、くすぐったさなど感じ方は様々です。運動制限、歪みがとれてくると、これらの違和感もなくなってきます。


調整後と理念

 調整後に上記の観察点に改善の変化があればそれで“よし”とします。調整において必要なことは、変化がある、ということだと私は考えます。
 一年のなかにも春夏秋冬と四季の変化があり、一日の中にも、太陽が昇り、沈み、月が現れ、そして消えてゆく。万物は一定ではなく絶えず変わっていきます。なにか身体の中でなにか変化があれば、症状もいい方向に向かう、と私は考えます。
 確かに急性期の腰痛(ぎっくり腰)の人をスタスタと歩いて帰っていただくのは至難の業です。(まれに神がかり的にその場で無痛になることもありますが、ほとんどは難しいです。)ですからどんなことでも、来て頂いた方には変化を感じて頂くように、心がけています。そのためには必ず、観察と確認が必要となるのです。
 不快な症状があった時に、薬や注射で治す方法もありますが、人間には無意識に身体を治そうという力があります。それを少し手助けするのが私の仕事です。
 長年の歪みや捻れを調整することによって、多くの症状が快方に向かうことが、過去の実例からも明らかです。
 是非、御自分の自然治癒力を信じて御来院ください。


お問い合わせは

019−662−6171 080−1818−0304

お気軽にどうぞ

トップページにもどる