調整内容

1・観察 
主に動き、形、違和感を中心に観察をおこないます。

2・筋肉操縦法 
筋肉反射、経絡線上の指圧・マッサージで筋肉を弛めます。

3・骨格操縦法
関節の接地面をわずかに動かし関節に動きをつけます。

4・脊髄神経反射
痛みや違和感のある部位に関連する椎骨を使い、それらを鼓舞、あるいは抑制します。

5・観察
いくつかある観察点に変化があれば“よし”とさせていただきます。

 ※どの調整も表面的にはソフトな調整です。普段強い指圧やマッサージを受けられている方には、物足りないと思われるかもしれません。

お問い合わせは

019−662−6171 080−1818−0304

お気軽にどうぞ

トップページへ